宅建資格で年収1,000万円を20代のうちに稼ぐために独学で挑戦したらどんな運命に? 

宅建試験で年収1,000万円をつかむには、さっさと試験を通過することが必然です。
それを少しでも確実にしたいなら、勉強方法は通信を選ぶに尽きるでしょう。

このことは、独学者がこれまでに数え切れないくらいの失敗を重ねてきた事実からも裏付けられています。それにしてもどうして、独学は宅建試験合格の確率で劣ってしまうのでしょうか。

独学では荷が重すぎる
宅建試験は何しろ、難易度が高いです。無知な素人が、独学で理解できるほど楽ではありません。
ひとりで部屋にこもって、じっとテキストにらめっこしていても、理解できるのはほんの少しです。わからない部分を何度も読み返すのでは、途方もない勉強時間が必要となります。つまり何年も費やすことになるでしょう。

間違った理解をするという落とし穴が待ち受けている
これも危険です。宅建の問題は、不動産絡みの法令からたくさん作成されます。法令といえば難解な文章がずらりと並んでいることは、誰だって知っているでしょう。早い話宅建の勉強では、素人判断は大間違いの元凶なのです。
そして間違えて覚えてしまったら、大幅な時間の無駄遣いです。それに間違いに気づくのがいつになるかわからない点も、同様に大きな落とし穴でしょう。

試験日までにドロップアウトするリスクがある
独学で厄介なのは、理解が進まないことだけではありません、勉強する気をなくしてしまうこともじゅうぶんにあり得ます。
わざわざテキスト等を買ってきたのに結局あきらめてしまうのでは、本当にすべてが無駄に終わってしまいますから、ドロップアウトの原因になりかねない勉強法は選ぶべきではないでしょう。